アロマテラピー検定

アロマセラピーに興味を持ち、学びたい!仕事をしてみたいと思う方は以外に多いと思います。

日本では日本アロマ協会の資格を受ける方が多く、最も代表的な手段だと思います。
この協会の資格は日本アロマ協会が健全な普及と発展の為に設定した資格で、アロマ検定1・2級があるうち、1級を取得した場合には協会に入会するという方法があります。

アロマ協会の資格には5つ種類があり、アロマテラピー検定2級・1級を習得した後、日本環境アロマ協会に入会し、次のステップの受講資格を得たあと、アドバイザー、インストラクター、セラピストの順に検定を受けます。

協会に入会するのに抵抗がある方もいると思いますので、ここでは入会しなくても取得できるアロマ検定1級、2級の内容について説明します。

アロマ検定2級は、趣味でアロマを楽しんだり、健康・生活面に取り入れるための知識を検定するもので、内容は精油10種類に対する基礎知識やプロフィール、歴史などが出題内容となっています。

アロマ検定1級は、自分だけでなく周囲の人とアロマを楽しんだり、知識を検定するもので、2級の内容に加え、精油20種類の基礎知識やプロフィール、健康学、法律などが出題内容となっています。

出題形式はどちらもマークシート形式で、受験料は6300円です。
1級、2級を同時に受験することや、2級を取得していなくても1級を受験することが出来るようになっています。
その他、不明な点がある場合は、日本環境アロマ協会に問い合わせしてみてくださいね。
日本環境アロマ協会ホームページ
http://www.aromakankyo.or.jp/index.php

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。