メディカルアロマセラピー

フランス式メディカルアロマセラピーという言葉を知っていますか?

香りの効果でリラックスするイギリス式のメディカルアロマセラピーとは違い、
香りと、精油の力で体調が悪い方の病気とは認められていない症状を改善させたりする事が出来る代替医療になります。

例えば風邪などの伝染性疾患、ニキビやアトピー性疾患などの皮膚疾患、鬱病やパニック障害、睡眠障害、不安症などの精神性疾患、消化器系疾患などの早期改善をオイルを肌からの直接吸収により治癒効果が期待されています。

元々アロマテラピー誕生の由来が、フランス人科学者ガトフォッセが実験中火傷をした際に、そばにあったラベンダーの精油を患部に塗った事により症状が軽減された事から生まれたものです。元々は代替医療の方が由来となっているわけです。

その後、キャリアオイルなどに希釈して使用するマッサージなどが編み出され、美容や癒しなどを目的とするアロマテラピーが提供されたのです。
このアロマテラピーがイギリスに渡ったのですが「医療」とは認められずに変わりにリラックスなど癒しを目的とした「アロマテラピー」が定着していったという事です。

現在の日本では、イギリス式のアロマテラピーでマッサージや癒し、リラックスを目的とした物が主流となっています。
もちろんこれも大切な効果なのですが、メディカルアロマセラピーは成分を直接身体に取り込むので効果が格段に違うと言えます。


治療してもなかなか良くならない、症状が改善されないと思っている方は、一度メディカルアロマセラピーを体験してみるのもいいかもしれませんね。
改善されるかもしれませんよ。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49774926

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。