日本アロマセラピー学会

アロマセラピーを医療に取り入れ、活用、応用する為に発足された研究団体を日本アロマセラピー学会と言います。
この組織は医療従事者である臨床医を中心に構成されています。
発足は1997年7月で当初は「メディカルアロマセラピー連絡会」という名で活動をしていました。
同年11月、正式に「日本アロマセラピー学会」に昇格し本格的に活動を開始するようになりました。

ここで言う医療従事者とは医師、看護師、助産師、保健師、薬剤師、鍼灸師、栄養士などの方達を示しています。

医療現場で使うアロマセラピーは、現在日本で主流となっているリラクゼーションのような精神的なものではなく、理論や根拠のように医学的に証明できる、明確化できるアロマセラピーであることが求められていて代替医療、補助療法の意味を充分に把握し、インフォームド・コンセントなどを充分に行い、リラクゼーションの様な精神的なものだけでなく、ケアやキュアのような身体的な面での実践が必要になっています。

その為には、医療に従事している人達がアロマを学んでQOLの向上を目指すといった学会になっています。

日本アロマセラピー学会への参加資格ですが、医師などの医療従事者、免許取得予定者、またはその資格を取得する為の大学などの学校に在籍する学生、協会の目的に賛同する法人や個人事業主などです。

参加資格のある方で、アロマなどの代替医療に興味がある方は医療現場での身体的面だけでなく精神的面からでもアプローチが出来るし、幅も広がると思うので、是非参加してみてはいかがでしょうか。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。