アロマセラピーアドバイザー

近年アロマセラピーに関する資格を取得する人が増加傾向にあります。
アロマセラピーの資格には様々な資格があります。


その中のアロマテラピーアドバイザーの資格についてご説明したいと思います。
アロマテラピーアドバイザーになるには、アロマセラピー検定の1級・2級を習得し、その後日本アロマ環境協会に入会し、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講後、登録手続きを取り、その後認定証がお手元に届きます。
お手元に届くとアロマテラピーアドバイザーとして認定された事にになります。
認定講習会を受ける場合は、受ける場所が日本アロマ環境協会の認定校かどうかを確認し、アドバイザーの講習会を受けられるかどうか確認してから受講してください。


この資格の内容は精油やその他の材料についての使用方法、効用の知識、法律・安全面から正しく社会に伝える能力を認定するという内容です。
この資格を活かせる仕事として、アロマの販売、一般の方々に安全に使用してもらう為の使用方法をアドバイスしたり、アロマ関連のボランティアなど様々あります。


アロマの専門店や販売員のお仕事に就きたい場合はこのアドバイザーの資格が必要とされます。
色々な方々にアロマの楽しさや素晴らしさを伝え、より身近に感じていただけるようアドバイスができ、すごく素敵なお仕事ですよね。

更にステップアップしたい人はインストラクターやアロマセピストなどの資格を取得するとよいでしょう。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。