アロマセラピーインストラクター

アロマセラピーの魅力に魅せられた方で、アロマセラピーに関する仕事を真剣にしたいと思う方も大勢いらっしゃると思います。

アロマセラピーの仕事には大きく分けて3種類あります。
ここでは日本アロマ協会の資格を基準として考えます。
3種類とは、アロマセラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピストです。


ここではその中のアロマテラピーインストラクターについて説明していきます。
アロマセラピーインストラクターになるには、まず資格を取得しなければなりません。
ですが、インストラクターの資格を取得する前にアロマセラピー検定1級・2級に合格をし、アドバイザーの認定を受けなければいけません。
アドバイザーの認定を受ける前に、日本アロマ環境協会の場合は協会に入会しておく必要があります。
アドバイザーの認定試験に合格すると、インストラクターの認定試験を受けることが出来ます。
試験の内容には、精油30種類のプロフィールや効用などの理解力、またその知識を社会に広めるというのを前提に小論文形式の問題も出題されます。


インストラクターの仕事ですが、カルチャースクールや専門スクールの講師、ボランティアなどの教育に関する仕事が主となります。
また、自信でスクールを開講して教えたり、様々な教室などで出張講師などやってる方もいます。
人にアロマセラピーの良さや楽しさ、素晴らしさを教える事が好きだったりする方は、インストラクターの仕事に適しているかもしれませんね。

この仕事、資格に興味がある方は一度、講習会などに出向いてみてはいかがでしょうか?

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。