アロマセラピーコンプリートブック

日本アロマテラピー協会認定校のライブラ香りの学校が編集したテキストに「アロマセラピー コンプリートブック」という本があります。
「癒しというマジック」のタネあかしをし、心身ともに癒されることへの核心に言及していくという内容になっています。

また、独学でアロマテラピーインストラクター試験を受験される方には、本の内容が日本アロマテラピー協会のカリキュラムに準拠していて、精油や基材等の知識、歴史、解剖生理学、ホームケア、ボランティアなど試験に対応する内容が掲載されているので、すごく参考になると思います。


本の内容の一部にアロマセラピスト試験に対応している箇所があります。
アロマテラピーを自身の仕事にしたい!プロとして躍進したいと思っている方に最適のアロマテラピーテキストの決定版といえるかもしれません。
この本には上巻・下巻があり、
上巻の内容は以下の通りとなります。
 ・アロマテラピーの定義
 ・アロマテラピーの歴史
 ・精油の基礎知識
 ・アロマテラピーの化学
 ・精油のプロフィール
 ・基材に関する知識
 ・解剖生理学
 ・生活習慣と健康
 ・アロマテラピー教育法
下巻の内容は以下の通りとなります。
 ・精油のプロフィール
 ・心理学(心理学とは何なのか/「こころ」とは何なのか/心の異常/その他)
 ・コンサルテーションの理論と演習(コンサルテーションとは/コミュニケーショスキル/ケーススタディ/「アロマテラピーの魔法」〜ライブラのホリスティック・アロマテラピー理論/その他)
 ・衛生学
 ・病理学
 ・ボディトリートメントの理論と実際

など、とても充実した内容となっています。

特に下巻には付属資料があり、
 ・トリートメント実技
 ・精油の成分分析について・精油57種類のガスクロマトグラフ(イランイラン/オークモス/オレンジ・スイート/その他)
 などがあります。
本の他にビデオもあります。

アロマセラピーを好きな方、愛用されている方にはすごく最適な本と言えそうです。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。