アロマセラピーで花粉症を治す

人間の体にとって、スギ花粉などの花粉は異物の物となります。

この異物に対して体の免疫反応が過剰に反応してしまい、鼻・目・気管支などの粘膜が炎症を起こしす為、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの花粉症特有のアレルギー症状が起こってしまいます。

花粉症に効果がある精油には何があるかと言うと、
まずは、医薬品などにも入っている「ユーカリ」です。
ユーカリの効用には花粉症の他にも、筋肉痛を鎮めるための鎮静作用などにも効果があります。

次に、強い殺菌力があり、免疫力を刺激する作用がある「ティートリー」です。

三つ目には「カモミールジャーマン」殺菌作用があります。
香りが非常に強く薬草のような匂いがするので苦手な方もいると思います。
その様な方には「カモミールローマン」をお勧めします。


使用方法の例として、コップ一杯の水(または湯)にティートリー(またはユーカリ)を1滴入れ、うがいをします。花粉症だけではなく、風邪予防にも効力があります。


次にマスクの端(直接顔にあたらない様にガーゼの中部分)に1〜2滴ほどエッセンシャルオイルを染み込ませるという方法もあります。
この場合ガーゼの中央にエッセンシャルオイルを染み込ませないようにしてください。
むせることもあるみたいです。

また、アロマバスを楽しむのもいいですね。
オイルの成分がお風呂の湯気とともに鼻から吸収され、かつ肌にも浸透されるので、よりよい効果が期待できると思います。
お風呂の掃除が大変だと言う方には、カップや洗面器に精油を数滴垂らして蒸気を吸うという方法が手軽に出来ると思います。

家の外でも出来る活用方法としては、ティッシュやハンカチに数滴垂らして持ち歩く方法です。

活用方法は色々ありますが、自分に合った方法で使用されるとよりよい効果が得られ、続けられると思いますよ。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。