アロマセラピーのお仕事

日本にアロマセラピーが伝わってからまだ20年程度です。
近年アロマセラピーに興味を持ったり、勉強する方が増加していると思います。
それに伴い、アロマセラピーのお店やスクール、グッズなど身近にアロマを感じる事が増えてきたように感じます。

また、アロマセラピーの仕事をしたいけれどどういう仕事があるのか分からない方も多いと思います。
インターネットの求人情報などで、どういうアロマセラピーの仕事があるか調べてみるとエステティシャンの求人が多かったです。
このエステティシャンの求人内容を見ると、経験者(資格保有者)だけでなく、未経験の方でも採用し、研修など技術を教えてもらいながら、経験を積みながら資格を取っていくことが出来るので、とても優位な方法だと言えます。
また資格保有者の場合はその資格の種類などで仕事内容も変わってきます。

ここに各資格の主な仕事内容をご紹介します。

アロマセラピーアドバイザーの資格保有者の仕事内容は、主に販売、一般の方に安全なアロマセラピーを提供・アドバイス等をする仕事です。

アロマセラピーインストラクターの資格保有者の仕事内容は、カルチャースクールや専門のスクールの講師等、アロマセラピーに関する教育面に関わる仕事です。

アロマセラピストの仕事内容は、第三者にアロマセラピーを実践する仕事です。
エステやサロンでアロマトリートメントの施術などをする事が出来ます。
クライエントの肌に直接触れる仕事なので、多くの人と触れ合える素敵な仕事だと思います。

上記の様な求人情報は、アロマ協会の求人(専門の求人)で探してみてください。
ここにはアロマに関する仕事が多くあるので、あなたの資格が活かせる、また求めている求人があると思いますよ。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49774917

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。