アロマセラピー効果

アロマセラピーの効果には、香りを楽しむだけではなく、心身のバランスを整えたり、不調などの調和をしてくれたりと、悩みなどにも効果があります。
その日の気分で香りを変えてみるのもいいと思います。
不思議なもので、その時に日によって好みの香りが変わる事があります。大抵そういう場合はその臭いが必要という心身の状態にあると思いますのでそういった変化を楽しんでみるのもいいかもしれません。

ここでは、精油とその効果を紹介します。
まず肩凝りや腰痛などに効果的なのはジュニパーです。
使用法はアロマバス、温湿布、マッサージなどに使うと効果があります。
精神面では無気力になっているところに集中力をつけ、気力を呼び起こしてやる気を出させてくれる効果があります。
また、浮腫みや二日酔い、セルライトの除去や予防にも効果があります。

次に不眠で困っている方に効果的なのはラベンダーです。
寝る前に芳香浴をしてみたり、枕元に置いておいたり、洗濯時に少し垂らしてみたりしておくのもお勧めです。
ラベンダーの効能にはリラックス効果もあるので、ストレスも緩和してくれます。

女性が一番気になる悩みのダイエットにはグレープフルーツがお勧めです。
グレープフルーツの効果にはダイエットの他、沈んでる気分を明るくしたり、リンパの流れが良くなるので浮腫み解消や、頭痛、消化器系にも効果があります。


香りとリラックス、効果とすごくお得な気がしませんか?

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。